NEWS
小樽情報

小樽★映画のロケ地めぐり

2018年02月26日

冬は寒くて外出を控えることも多い時期なので、ご自宅で映画のDVDなどを楽しむ方も多いのではないでしょうか?小樽は、その素晴らしいロケーションや景色が評価され、これまでにたくさんの映画の舞台となっています。今日は、比較的最近の作品のロケ地情報と共に「映画の中の小樽」をご紹介します!
 

※映画「Love Letter」のロケ地(旧日本郵船(株)小樽支店、天狗山、運河プラザ)

 

 

Love Letter

1995年公開/監督:岩井俊二 /主演:中山美穂 
 
海外での公開をきっかけに、特にアジア系の方に人気のある作品です。韓国では、日本映画が解禁された翌年の1999年に上映されて大ヒットし、近年でも繰り返し再上映されているほど人気だそうです。小樽で撮影された映画の中でも、最も有名な作品と言えるのではないでしょうか?
 
この映画は、小樽市内各所で撮影されました。街並みや景色と映画の内容が相まって、小樽がとても印象的に描かれていました。市内のロケ地(天狗山、旧日本郵船(株)小樽支店、運河プラザ、小樽市役所など)は、比較的アクセスしやすいところにありますので、ぜひ訪れてみてはみてはいかがでしょうか?
 

・天狗山:小樽駅から車で約20分
・運河プラザ:小樽駅から徒歩約8分
・旧日本郵船(株)小樽支店:小樽駅から車で約6分

 
 

最終兵器彼女

2006年公開/監督:須賀大観/主演:前田亜希
 
アニメを実写化した作品で、主人公の2人が暮らす街は小樽市がモデルになっているそうです。旭展望台や北運河などで撮影されました。
 
・旭展望台:小樽駅から車で約10分
・北運河:小樽駅から徒歩約15分
 
 
 

世界から猫が消えたなら

2016年公開/監督:永井聡/主演:佐藤健
 
主人公が自転車に乗って坂を下る印象的なシーンに、小樽の薬師神社の坂が使われていました。この坂は、海へ向かって続く絶景の坂道で、他にもTVドラマなどでロケ地として使われたことがあります。
 
・薬師神社の坂:小樽駅から車で約6分
>>>こちらもチェック!
 
 
 

探偵はBARにいる3

2017年公開/監督:橋本一/主演:大泉洋
 
主にススキノが舞台ですが、小樽でもロケが行われました。同作の1作目でもJR小樽駅などが登場していましたが、今作でも、高島漁港や麟友朝市、花園飲食店街などで撮影が行われました。
 
・高島漁港:小樽駅から車で約13分
・麟友朝市:小樽駅から車で約7分
・花園飲食店街:小樽駅から徒歩約10分
 
 
 
小樽には、他にも映画のロケ地として使われた場所が多々あります。近年では、海外で公開される映画やTV番組のロケ地にもなり、急にその国の観光客が大挙して訪ねて来るというケースもあります。日本各地・世界各国から、多くの人がお気に入りの映画の中の魅力的なシーンを思い浮かべながら小樽を訪ねてくるというのは、とても素敵なことです。
 
小樽は積極的に映画の撮影を誘致しています。これまで撮影された映画やドラマのロケ地については、「小樽フィルムコミッション」のホームページをご覧になると、さらに詳しい情報が載っています。最新情報についても、ぜひこちらのサイトでチェックしてみてください!
 
◆小樽フィルムコミッション
 
ぜひ、「素敵な映画の中の素敵な小樽」を見つけて、その地を訪ねてみてくださいね。
 
 


関連記事