NEWS
小樽情報

小樽の神社をご紹介!神社の歴史と地元に愛されるお祭り

2017年12月29日

小樽は古くから港町として栄えていたため、水神・海神や商売繁盛の神を祀(まつ)る神社が多くあります。

18世紀末から19世紀初頭には本州からの農業移民も多くみられ、そのために農業神を祀る稲荷神社も多く建立されました。

今回は小樽の有名な神社とその歴史についてご紹介します。

 

 

小樽で有名な神社と言えば「小樽住吉神社」

小樽住吉神社の歴史は古く1864年(元治元年)創建、1881年に現在地に社殿を造営し、鎮座150年の由緒ある神社です。(2017年現在)

小樽の氏神様で、小樽の神社と言えば「小樽住吉神社」と必ず名前が出てくるほど有名です。

御祭神は底筒男神(そこつつのおのかみ)、中筒男神(なかつつのおのかみ)、表筒男神(うわつつのおのかみ)の通称「住吉三神」と、息長帯姫命(おきながたらしひめのみこと)です。

これらの神様は古事記・日本書紀によると、伊弉諾尊(いざなぎ)が禊祓い(みそぎばらい)した際に尊の御体から流れ落ちた水から生まれた海の神、航海安全の神、和歌の神、安産の神とされており、海の神様として港町に深く根付いた神社です。

毎年7月14~16日に行われる住吉神社例大祭は小樽三大祭りの一つに数えられ、「百貫神輿御幸渡御(ひゃっかんみこしぎょこうとぎょ)」や「太々神楽(だいだいかぐら)奉納」などで大いに盛り上がります。

また、木造の社務所として北海道内最大級の小樽住吉神社社務所は、1994年に小樽市指定歴史的建造物にも認定されています。

 

小樽住吉神社

北海道小樽市住ノ江2丁目5-1
0134-23-0785
http://www.otarusumiyoshijinja.or.jp

 

 

小樽市指定歴史的建造物の「水天宮」

1859年(安政6年)に現境内に祀られた、創祀150年を超える神社です。

現在の社殿は1919年(大正8年)に建てられ、本殿・中殿・拝殿からなる権現造りの社殿となっています。

1994年に水天宮本殿・拝殿が小樽市指定歴史的建造物に認定されました。

境内からは小樽港を一望でき、春には桜の名所としても小樽市民に愛されています。

また、境内には石川啄木など小樽にゆかりのある歌人・句人の石碑もあります。

水神にして豊穣をもたらす農耕神の弥津波能売神(みづはのめのかみ)、五穀をつかさどる食物の神である保食神(うけもちのかみ)、日本国土を作った国生みの神である伊邪那岐神(いざなぎのかみ)、伊邪那美神(いざなみのかみ)が祀られています。

水天宮の例大祭は住吉神社の例大祭と並び、「小樽三大祭り」の一つとなっています。

 

水天宮

北海道小樽市相生町3-1
0134-22-3495

 

 

海の神である和田都美三神を祀る「龍宮神社」

 

榎本武揚(えのもと たけあき)が、遠祖である桓武天皇を祀ったのを始まりとして1876年(明治9年)の国有地払い下げの折に創建された神社です。

海の神である底津和田都美神(そこつわだつみのかみ)、中津和田都美神(なかつわだつみのかみ)、上津和田都美神(うわつわだつみのかみ)の和田都美三神を主祭神として祀っています。

他にも農耕神である豊受姫命(とようけびめのみこと)、大物主神(おおものぬしのかみ)、日本書紀や古事記に伝わる皇族の大毘古命(おおびこのみこと)なども祭祀しています。

2010年には麻生太郎氏が龍宮神社を参拝され、その1ヵ月後に内閣総理大臣に任命されたことから開運・出世のご利益があると全国に名が知れ渡りました。

龍宮神社の例大祭も、小樽三大祭りの一つとして小樽市民に親しまれています。

 

龍宮神社

北海道小樽市小樽市稲穂3丁目22-11
0134-22-4268
http://dragonjinja.ec-net.jp/

 

 

励ましの坂を上って参拝「小樽稲荷神社」

小樽稲荷神社は手宮公園横、通称「励ましの坂」と呼ばれる坂道の上に位置する神社です。

坂の多い小樽市の中でも「励ましの坂」は最大斜度24度とかなりの急こう配の坂です。

1690年(元禄3年)の創祀後、二度の移転を経て現在の場所へ建てられました。

農耕神である保食神(うけもちのかみ)と大物主大神(おおものぬしのおおかみ)、学問の神と言われる菅原道真公を祀っています。

稲荷神社は総本宮を伏見稲荷大社(京都府)に置き、分社は全国に約30,000社あると言われています。

古くから庶民には親しみをこめて「お稲荷さん」と呼ばれ、信仰を集めてきました。

小樽稲荷神社では毎年6月に例大祭「てみやまつり」が行われ、たくさんの屋台をはじめ餅まきや百人みこしなどで盛り上がります。

 

小樽稲荷神社

北海道小樽市末広町38-1
0134-22-2591

 

 

小樽には海神・農耕神を祀る神社がたくさんあります

古くから港町として栄えた小樽には海の神様を祀る神社がたくさんあります。

また、山間部や郊外では小樽に農耕が根付くよう、農耕神も祀られています。

どれも長い歴史を持ち、一部の社殿は小樽市指定歴史的建造物に認定されていますので、神事に興味がない方でも一訪の価値あり。

 

小樽市民に古くから愛されるパワースポットをぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

 

 



関連記事