NEWS
ウエディング

日本伝統の婚礼衣装★白無垢

2017年01月03日

白無垢は、婚礼の和装の中でも、最も格が高いとされている伝統的な衣装です。掛下から帯、打掛、小物に至るまですべてを白で統一し、邪気を祓って神聖な挙式に臨むための特別な婚礼衣装です。
 
現代では、白はどんな色にでも染まることができるため、白無垢を着るのは「嫁ぎ先の家風に染まります」という意味だと言われていますが、かつてはもう少し深い意味をもって身に着けられていたようです。白は、生まれた時の産着や死装束のように、人の生き死にに関わる大切な儀礼の色として神聖視されていたため、白無垢を着るのは「生まれた家の娘として一度死んで、嫁ぎ先の嫁として生まれ変わる」という意味もあったようです。他にも諸説あるようですが、いずれにしても、白無垢は日本ならではの由来を持つ格式高い婚礼衣装です。
 
 和装の時には日本髪を結うのが基本ですが、その際には一般的に「綿帽子」や「角隠し」を身に着けます。「綿帽子」は、挙式が終わるまで花嫁の顔が新郎以外の人には見られないようにするために被るので、新婦の初々しく奥ゆかしい姿を象徴しているとされています。また、角隠しは文金高島田を結った髪の上に飾る白い布飾りで、角を隠して夫に従順になるという意味があるそうです。
 
「綿帽子」は白無垢だけに合わせられますが、「角隠し」は色打掛にも合わせることができます。近年は、洋装へのお色直しがしやすいようにと、和装の際にも洋髪を選ぶ方が増えています。好みや衣装に合わせて髪型を選ぶのも、新婦の楽しみの1つですね。
 
お正月にご両親へのご挨拶を終え、これから式場や衣装を考えるというカップルも多いのではないでしょうか?グランドパーク小樽では、街の発展と共に歩んできた由緒ある住吉神社やホテル内の海が見えるモダンな神殿にて本格的な神前式を執り行うことができます。是非この機会に、日本伝統の白無垢での神前式を検討してみませんか?
 
神前式の詳細についてはこちら↓↓をご覧ください。
shinzentop1


関連記事